千葉県千葉市中央区税理士・公認会計士。コラム
公認会計士・税理士事務所仲村公認会計士事務所

過去コラム

式典と祝賀会費用の区分と交際費等

 

 創立○○周年記念等の折にホテル等の場所を借り、取引先等も招いて、記念式典を開いた後には盛大に祝賀会を行うこともあろう。
 会社の周年記念又は社屋新築記念における宴会費等の費用は、原則として交際費等の額に該当するが、落成式等の式典の祭事のために通常要する費用は、交際費等に該当しないとされている(措通61の4(1)-15(1))。
 式典のために通常要する費用には、式典を開催する場所代だけでなく、式典を開催するために必要な機材レンタル代や花代といった諸経費も含まれる。こうした式典に係る費用が、その後に行われる祝賀会に係る費用と明確に区分されているのであれば、式典費用については福利厚生費等、祝賀会に係る費用は交際費等とすることができる。
 したがって、式典が終わった後に、改めて別会場で祝賀会を行うなど、同じホテル等であってもその会場が別々であれば、式典と祝賀会を別個に開催したものとして、それぞれに係る費用を福利厚生費等と交際費等に区分できることとなろう。
 一方、式典と祝賀会とを同じ会場で連続して行う場合は、この区分が困難になる。たとえば、式典と称して祝賀会の前に社長や来賓のあいさつなどがあっても、式次第を記したプログラムもなく、円卓テーブル等に料理や飲み物が既に用意されている状態で行われるものは“式典”とは言い難いだろう。
 一般的に、このようなケースでは祝賀会の一部として行われたものと判断され、その会場費等は祝賀会に係る費用として、その全額が交際費等に該当すると考えられる。
 なお、式典に係る会場費や諸経費の領収書等はもちろん、式典の内容を証するプログラムなども保存しておくと、式典費用の額を調査官に説明しやすいだろう。

           

 
                                 税務通信平成25年4月8日号より










コラム一覧はこちらへ

仲村公認会計士事務所HOME/所長挨拶/業務内容/トピックス/事務所案内/LINK/お問合せ
プライバシーポリシー / 2004(C) nakamura-kaikei All rights reserved