有限責任事業組合(日本版LLP)

 

経済産業省は、創業を促し、企業同士のジョイント・ベンチャーや専門的な能力を持つ人材の共同事業を振興するために、民法組合の特例として、1,出資者全員の有限責任、2,内部自治の徹底、3,構成員課税の適用という特徴を併せ持つ有限責任事業組合(LLP)制度を2005年8月に創設しました。



       LLPパンフレット    経済産業省HP


第一部
制度概要編

1.LLPとはどんな組織? P.1
  2.LLPの設立状況 P.3

第二部
事例編

3.LLPの活用事例 P.5

第三部
実務編

4.LLPの設立フロー P.21
  5.LLPの運営 P.23
  6.LLPの会計と税務 P.25
  7.組合員の会計と税務 P.27
  8.LLPの関係資料等 P.29




      有限責任事業組合契約に関する法律の原文はこちら